放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービス 概要

放課後等デイサービスとは、小学一年生(6歳から18歳)高校生の心身の変化の大きい時期の障害のある児童を対象として、発達課程や特性に配慮し一人ひとりの状況を見ながら、それぞれに応じた放課後等デイサービス計画をたて、その個別支援計画に沿って発達支援をおこないます。

放課後等デイサービスの提供

放課後等デイサービスは授業の終了後放課後等の支援を図るものなので、学校で作成される個別教育支援計画等と私共が作成する個別支援計画連動させることが求められる為、保護者、学校の了承のもとに計画の作成をさせていただきます。ながれといたしまして学校面談時に保護者、保護者から放課後等デイサービス事業所 マミーにいただき連動させた計画を作成し支援をさせていただきます。

個別支援計画について

放課後等デイサービスは授業の終了後放課後等の支援を図るものなので、学校で作成される個別教育支援計画等と私共が作成する個別支援計画連動させることが求められる為、保護者、学校の了承のもとに計画の作成をさせていただきます。ながれといたしまして学校面談時に保護者、保護者から放課後等デイサービス事業所 マミーにいただき連動させた計画を作成し支援をさせていただきます。

基本活動

基本活動では発達に応じて必要となる基本的生活習慣や自立生活を支援するための訓練をおこなう。意欲的にプログラムに関われるように創意工夫し遊びなどを通して成功体験を積み増し、喜びや自信、自己肯定感を育めるようにする。

リトミックや創作活動では、自由な表現やのびのびとした表現の中に喜びや楽しさを体験できるものをおこなう室内だけではなくマミーの畑で土いじり、植物の育成そして野菜を収穫し試食などや公園散策では季節の変化や自然に触れ豊かな感性を培う。

地域交流の機会の提供

マミー出店のお祭り参加、年間8回~10回いろいろなお祭りに出店しています。

余暇の提供、やりたい活動を自己選択して取り組む経験を積むために多彩な活動プログラムを考え、安全にゆったりとした環境のなかで行えるよう支援員とともにおこなう。

利用日数・時間について

一か月の利用日数は放課後等サービス事業所 マミーと保護者が相談した上で自治体が決定します。
利用に際して療育手帳や身体障害者手帳は必須ではありません。
学習障害等の児童も利用ができます。
放課後等デイサービス マミーでは利用通所送迎となります。
通常放課後時、土曜日曜祝日、長期休校時(春休み、夏休み、冬休み)が利用でき送迎させていただきます。

法改正によって未就学児童は児童発達支援事業、<strong>学齢期児童は放課後等デイサービス</strong>事業で障害の種類にかかわりなく利用できます。

個別支援計画に基づき課題を作成、学校の宿題のある児童は宿題も課題の中に入ります。

summay01 summay02
タイトルとURLをコピーしました